step.app登録方法は?歩いて稼げるって本当?ステーキング方法や始め方を紹介!

「歩くだけ」「走るだけ」

日常のそんな簡単な動作で稼ぐことが出来る、と今年になって急激に話題になったMove to Earn。その中でも先駆けとなったのが歩いて稼ぐNFTゲームSTEPNでした。

「気付いたら波に乗り遅れていた!」

「Move to Earnでさらに稼ぎたい!」

なんて方たちにお勧めしたいのが第2のSTEPNと言われる「Step.app」。

正式なスタートは今年の9月ごろであるにも関わらず、豪華なアドバイザーを起用していることで既に大きく話題となっています。

STEPNにはない独自の機能も兼ね揃えた「Step.app」を始めるなら先行利益を得れるこのタイミングがチャンスです!

今回は「Step.app」の特徴始め方、今なら特典がついてくるステーキングの仕方などを見ていきましょう。

step.app登録方法は?歩いて稼げるって本当?ステーキング方法や始め方を紹介!

Step.appとは?

そもそも「Move to Earn」とは動くことで仮想通貨を稼ぐというブロックチェーンゲームの一つ。今年に入ってから大きな盛り上がりを見せ、STEPN等で大きく稼いだというSNSの投稿も多数。

Step.appとはそのMove to Earnの一つ。STEPNと同じようにスニーカーのNFTを所有して、歩くことで報酬を受け取ることができるという仕組みになっています。STEPNとの大きな差は、ただ歩くだけではなく、個人や仲間を組んだ対戦やトーナメント形式のゲームができるということ。ソーシャルゲームのような要素が盛り込まれ、はまる人が続出しそうな予感が・・・!

2022年の4月~6月の間にNFTとβ版がリリースし、2022年7月~9月ごろに正式にローンチされる予定ですので詳細は分かっていないところも…。ですが、すでにブランドとコラボしていくことなどが決まっています。

Step.appのガバナンストークンであるFitFiは、サービス開始前であるにも関わらず既に上場しレートも急上昇しています。また公式Twitterフォロワーは20万人以上と高い期待値が表れる話題っぷり。サービス開始前の今から準備しておきたいところです。

また、このStep.appはSTEPNと同時に起動することもできます。同じ歩数歩くだけで、両方から報酬を受け取れるのは魅力的ですよね!

都度情報が公開されて行っていてるのでSNSでチェックしましょう。

Step.app公式Twitter

・2022年7~9月に正式にリリースされるBCGで4~6月にはβ版アプリがローンチ予定。

・豪華なアドバイザー陣などで内容の充実が期待され、ガバナンストークンは既に上場しレートも上がっている。

・アプリで使用でき、NFTを保有し「歩く」ことで報酬を受け取れる。

・対戦ゲームやトーナメントなどができるソシャゲの要素も!

ここがポイント!始める時の注意点。

Step.Appの始めるにはいくつか注意点があります。

まず、Step.AppのガバナンストークンFitFiは国内の仮想通貨取引所では取扱がありません。ですので現在国内の口座しか持っていない人は、海外の仮想通貨取引所に一度送金する必要があります。

ちなみに、「そもそも仮想通貨の口座を持っていない」という人も国内の口座を作り、海外に送金する手順がおすすめ。というのも、海外取引所は日本円での入金はクレジットカードからしかできないようになっています。クレカの入金はかなり手数料が高め。多少手間とはいえ国内取引所の口座を開くところから始めましょう。

2つ目はネットワークについて。

Step Appの使用ネットワークは処理速度が早く、ガス代と呼ばれるネットワーク使用料も安いのが特徴のAvalanche(AVAX)。つまり、ガス代はFitFiではなくAVAXで支払わなければいけません。こちらも海外取引所で購入する必要があります。

「始める」と言っても先程も書いたようにアプリはまだ正式なリリース前。

けれど事前登録は既にできるようになっていますので、必要な仮想通貨や事前登録の準備をしておきましょう!

・アプリへの事前登録をしておこう!

・Step.appの通貨FitFiは可外取引所でGETしよう!

・Step.appで使用するネットワークAvalancheのガス代のためにAVAXも準備しよう!

NFTを登録した場合はこちらの記事で紹介をしております。

Step.Appの準備手順

では実際のやり方についてみていきましょう。

仮想通貨をまだ持っていないという人でも大丈夫。難しい用語もありますが、わかりやすく解説していきます。

・日本円で仮想通貨を入手
・海外取引所に送金
・FitFiとAVAXを購入
・ウォレットの準備・入金
・Step Appへの事前登録

日本円で仮想通貨を入手

まずは国内の仮想通貨取引所でビットコインやXRP(リップル)などの仮想通貨を買いましょう。国内の仮想通貨取引所はGMOコインコインチェックなどがあります。

海外取引所に送金

FitFiやAVAXをGETするためには海外取引所で取引をしなければいけません。

そのためにまずは海外取引所に口座開設をしましょう。FitFiの取引ができる取引所は下記になります。

送金する際はアドレスが間違っていないか十分に確認するようにしてくださいね。

FitFiとAVAXを購入

さて、国内取引所で買った通貨が送られてきました。

ここで、一つややこしいのが、このままの通貨では目的の通貨が買えないということです。

FitFiとAVAXを購入するにはペアになっているUSTDが必要。

ですので、まずはUSTDを買いましょう。

ビットコイXRPなど→USTD→FitFi・AVAX

この流れで手続きが必要です。

ちなみにAVAXはあくまでもガス代の為なので0.1AVAXほどで大丈夫かと思います。

ウォレットの準備・入金

仮想通貨を入れておく財布、ウォレットを準備しましょう。

ここではMetamaskでの使い方を説明します。

まだウォレットを持っていないという人はGoogleの拡張機能で簡単に追加できるようになっているのでしてみてくださいね。

Metamask公式ホームページ

Metamaskを既に持っている人も、Step.appに対応させるには二つの準備が必要です。

・Avalancheのネットワークを追加する。

・トークン(FitFi)を追加する。

Avalancheのネットワークを追加する。

Metamaskのネットワークは初期設定ではイーサリアムになっています。

このままではStep.appに接続できないので,Step.appのネットワークAvalancheをネットワークに追加しましょう。

最初に右上のタブからネットワークの設定画面を開きます。(初期設定ではイーサリアムメインネットと書いてあるボタンです。)

設定画面の一番下のカスタムRPCをクリック。

下記の情報を入力すれば追加できます。

ネットワーク名:Avalanche C-Chain

新規RPC URL:https://api.avax.network/ext/bc/C/rpc

チェーンID:0xa86a

通貨記号: AVAX

ブロックエクスプローラーのURL:https://cchain.explorer.avax.network

同じネットワークの設定画面から他のネットワークとの切り替えができるようになっています。

トークン(FitFi)を追加する。

次にネットワークがAvalancheになっている状態で、トークンの追加をしましょう。

メイン画面にアセットというトークンの一覧があります。それを一番下までスクロールしたところにトークンの追加ボタンがあるのでそれをクリック。

下記のトークンアドレスを入力すれば、その他の欄、シンボルや桁数は自動的に反省されます。

トークンアドレス:0x714f020C54cc9D104B6F4f6998C63ce2a31D1888

追加ボタンを押せば完了です。

海外取引所からウォレットに送金するときの注意点

一番の注意点は何といってもアドレス間違いです。間違えてしまった場合、ほぼ戻ってきませんので要注意。

多額の金額を送る場合、まず少額で試して、ウォレットに反映されたかを確認してから送金するようにしてください。

また、AVAXを送る際はチェーンタイプをAVAXCを選ぶようにしましょう。

Step Appへの事前登録

トークンやウォレットの準備が出来たら、Step.appの事前登録を済ませておきますよう。

メールアドレスから無料で簡単に登録ができます→Step.app事前登録

ステーキングの方法とは?

Step.appでは5月からステーキングができるようになっており、ステーキングをするとシューズやキャラなどのNFTが当選するキャンパーンをやっていました。

残念ながらこのキャンペーンは終了しています。

ステーキングの方法はMetamaskを開いた状態で公式ホームページのステーキングボタンをクリック。メタマスクを接続することでステーキングができるようになっています。

まだまだ先行利益をGETできる可能性があるStep.app。公式からの情報にアンテナを張ってしっかり波に乗れるよう準備してみて下さい。

Step.app公式ホームページ

NFT関連はこちらの記事でも紹介をしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。